ハチが山で食べた植物

Pocket

ハチ

ハチと山で少し休憩していると、なにやら植物を探し始め、食べ始めた。これはイネ科の植物で、これを食べると言うことは、次の事が考えられる。

イネ科の草は消化に悪いことに加え、先が尖っているので胃を刺激し、消化できていない食べ物や余分な胃酸などを吐きやすくしてくれます。それと、ビタミンや繊維質が不足しているのでここで補給をするということです。

教えたわけではないのに、自分で見つけて食べるので生まれもった能力と言えますね。熊も猪もおそらく食べるかと思います。山に行くとクマザサが多く生えている場所がありますが、クマザサを調べてみると動脈硬化予防・高血圧やコレステロール値抑制・胃症状や肌トラブル 改善などをする効果があるので熊はこれも食べていると思われます。クマザサのあるエリアで熊と遭遇するのは熊がクマザサを食べている場所に人間が来ているからだと思われます。

ハチ

見ていると、どんどんちぎって食べておりましたね。しかし、食べ過ぎと思ったので「やめなさい!」といって山へ連れて行きました。