山菜料理

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

山菜料理

天然の山菜を使った料理が、4月上旬~6月上旬頃まで楽しめます。
秩父の山々にある天然の山菜を自ら採りに行っておりますので本物の山菜を季節限定で料理してお客様にお出ししております。毎年、宿のスタッフが低山~高山のエリアに行き、天然の山菜を採ってきております。山菜料理で人気の種類は、山ウド・タラの芽・コシアブラ・コゴミ・ワラビ・フキノトウ・ワサビ・カタクリ・モミジガサ・タケノコ等です。これらの食材を使い、旬の味を皆様に喜ばれるようにお出ししております。畑などで育った山菜と違い、本物の天然物の山菜を一度食べると味が忘れずとりこになるでしょう。山菜の季節になりましたら山菜各種を料理してお客様にお出ししておりますので、お気軽にお問い合わせしてください。

 

タラの芽

タラの芽

タラの芽は、山菜の王様と呼ばれていて、これを知らない人はいないと思います。タラの芽は、天ぷらにして塩でいただくのが一番良いでしょう。小さいものは、熱湯でさっとゆがいてからゴマ和えにして食べると美味しいです。葉が伸びきったタラの芽は、キンピラにして食べると美味しいです。

 

 コシアブラ

コシアブラ

コシアブラは山菜の女王と呼ばれております。ものすごい香りと少しの苦みを楽しみましょう。生のまま、天ぷ らにして少し塩をつけて味わいましょう。きっと口から入った香りが鼻から抜けるような美味しさで包まれます。また熱湯でさっと湯がいて冷水にさらし絞って 胡麻和えにしてもとても美味しいです。 また若葉をゆでて水にさらし水切りしておきます。鍋にバターを溶かし、ベーコンとともに切ったコシアブラを炒め、しょう油とコショウで味を調えても美味し いです。この山菜は、乱気流の場所にあるため見つけるのがとても困難な山菜です。

 

コゴミ

コゴミ

コゴミは、熱湯でさっとゆがきます。冷してマヨネーズで和えてもいいし、胡麻和えにしても美味しいです。天ぷらは、天つゆでいただくとおいしいです。コゴミは、アクも無く下ごしらえも簡単で、サラダ感覚で食べられます。料理がしやすいタイプの山菜です。

 

ワラビ

ワラビ

木炭や重曹をかけ、熱湯をそそいで一晩おいてから水にさらしてていねいにアクを抜きます。さっとゆで、和え物などがいいです。だし汁をかけたお浸しも美味しいです。天ぷらにして、天つゆをつけて食べても美味しいです。料理をするまでの下処理に多少時間がかかる山菜です。

 

ワサビ

ワサビ

ワサビは、葉の部分を使い、塩もみして熱湯をかけて、冷やしてお浸しにすると美味しいです。また、わさび 茎を塩もみし、20分程置きます。鍋にお湯をわかし、塩もみをした茎を湯通しして、アク抜きをします。酢、砂糖、塩を混ぜて三杯酢を作ります。タッパー等 の保存容器にわさび茎と三杯酢を入れて漬け込み、冷蔵庫2~3日で保存すると美味しいです。

 

山ウド

山ウド

ウドの茎は皮をむき酢水にさらすとアクがぬけて白くなります。スライスして酢味噌和えにすると美味しいです。また胡麻和えにしても美味しい。ウドのきんぴらにして食べるととても良い香りがして一度食べるとまた食べたくなる一品となります。本物の香りを楽しむのには山に自ら行って採ってきて、料理をしないといただけない一品です。

 フキノトウ

フキノトウ

フキノトウは香りを楽しむため、生のままで天ぷらにして、天つゆでいただきます。煮物や和え物にするときは塩 もみしてアクを抜くと食べやすくなります。またフキノトウをよく洗い、熱湯で5~6分茹でます。冷ましてから細かく刻み、ボールに移して味噌と和え、みり ん、酒、砂糖、塩で味付けをしますとフキ味噌ができます。

 

モミジガサ

モミジガサ

キク科の特有の香りで、クセが強いと感じるかもしれませんがアク抜きをすればさっぱりとした風味になります。塩ゆでしてからよく水にさらしてお浸しや、胡麻和えにすると美味しいです。天ぷらにして天つゆでいただいても美味しい。

 

カタクリ

カタクリ

カタクリは花の開く前に根元から切り採ります。よく洗って、生のまま天ぷらにして天つゆでいただきます。美しい姿ともちもちとした歯ごたえが広がります。また、 大きめのなべにお湯を沸騰させ、かたくりを入れて茹でます。 茹であがったらざるにあけ、冷水にさらし、食べやすい大きさに切ります。 酢と砂糖で甘酢をつくり、かたくりを入れて和えます。

 

※山菜料理は、種類によって芽の出る時期が、ずれますが、毎年5月の連休頃には、すべてそろっておりますので大体の目安にしてください。コシアブラだけは、標高1000m以上のエリアになっておりますので5月の中旬以降になります。春になりましたら春を食べに是非いらしてくださいね。

民宿すぎの子
0494-54-0963

info@suginoko.moo.jp