茅葺きの宿 民宿すぎの子

豊かな大自然の中でのアウトレジャー、伝統的な郷土祭り、そして四季折々の見事な景観のある奥秩父の荒川に唯一残る茅葺き屋根の「民宿すぎの子」があります。重厚な茅葺き屋根を見ていると昔話の世界に迷い込んだような気分になります。この古民家は、築300年の小麦で葺いてある合掌造りの茅葺屋根で、埼玉県の重要文化財に匹敵するほどになっております。尚、埼玉県で営業している茅葺き屋根の宿泊施設は一軒しかない程重要です。かやぶき屋根というのは夏には涼しく冬には暖かいという賢い建物になっております。今のように冷暖房がなかった時代の人々の知恵と努力が感じられます。太い柱や梁は長年使い込まれてきたことを証明するかのように黒光りし今も独特の落ち着きがあります。かやぶき屋根とは小麦を材料にしており、もっとも原始的な屋根とされ、はるか昔、縄文時代には茅を用いた屋根だけの住居が作られていたと考えられています。かやぶきは、通気性・断熱性に優れる、雨音が小さいなどの長所を持ち、古くより日本人の暮らしを支えてきました。日本古来の造りのこの家を見て外国の人も「本当の日本の家だ」と言ってよく、いらっしゃいます。是非、この日本の原風景で皆様と日常を忘れてのんびりとくつろいでください。

おすすめ記事

秩父気になる情報

  1. ポピー

    2018/5/21

    天空のポピー
    ポピーを見に行ってきました。ここの場所は、高原牧場(…
  2. 茅葺き屋根の葺き替え
    今回は、茅葺き屋根の合掌部分の葺き替え工事を行いまし…
  3. 茅葺き屋根補修工事
    すぎの子のかやぶき屋根の下地が悪いので、毎年、半面ず…

カテゴリー

Count per Day

  • 358050総閲覧数:
  • 41今日の閲覧数:
  • 312昨日の閲覧数: