1. HOME
  2. ブログ
  3. 山菜 タカノツメと呼ばれる新芽

山菜 タカノツメと呼ばれる新芽

山菜採り タカノツメ

タカノツメは、ウコギ科になっており、木肌は、コシアブラとほぼ同じになっております。タカノツメとコシアブラの木の見分け方は、枝の本数が多いような感じがタカノツメで、枝の本数が少なく、綺麗な枝分かれをしているのがコシアブラになります。だいたい、標高600m~800mのエリアに多いと思います。この木は、通常の尾根線にはなく、人が間違っていくと迷ってしまうような尾根線にあります。私は、迷ってしまうような尾根線を好んで歩いているので、すぐに見つけることができます。

味は、コシアブラの香りが少し薄いような感じで、苦みが強くなっております。天ぷらやお浸しにすると、そんなに苦みも強くなく食べられます。サラダに入れたりして食べますが、かなり美味しいですね。

山菜採り タカノツメ

体にもよい成分が入っており、効能は、血圧を下げる・便秘の改善・抗酸化作用・抗菌作用・抗がん作用等です。横から見た感じは、こんな感じになります。綺麗な新芽でしょ♪

山菜採り タカノツメ

上からみるとこんな感じになります。この新芽が木についているのを横から見ると、葉の形が、ちょうど鷹の爪のようにも見えるので、このような名前がついたのでは?と思うのですが。。。昔の人は、見たまんまの名前をつけることが多いと思いますので。。。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事