秩父札所13番巡り旗下山慈眼寺は眼の守り本尊

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

秩父札所13番巡り旗下山慈眼寺のご案内

歴史

歴史

秩父札所13番の山号の旗下山は、その昔、日本武尊が東従の折に、この地に旗を立てさせたところから生じた「旗の下」という地名から来ています。一説には、旗を立てさせたのは、秩父出身の畠山重忠が出陣の際にだ、ともいいます。開創は古く、文明十八年、東雄禅師によります。慈願寺の名は、観音経の「慈眼視衆生 福聚海無量」からつけられました。薬師堂に安置されている薬師如来は、眼の守り本尊と伝えられております。

札所13番

札所13番

秩父札所13番の入口には薬医門と呼ぶ切妻造りの黒門があり、高い地輻をまたぐと左手に鐘楼、右手に経蔵と薬師堂が並んで建ち、正面が観音堂。1878年(明治11年)3月の秩父大火で焼ける前の堂は広壮なものだったが、1901年(明治34年)頃再建されたのが今の堂。三間四面の小柄ながらも華麗な装飾を施した堂である。秩父札所13番の本尊は行基作といわれる聖観音で脇仏は阿弥陀三尊。その一体が前述の火災の際に火をかぶり今も痛々しいお姿ながら残る。この寺には、一切経輪蔵がある。堂の中心に輪蔵形式の経庫があり、心柱の上に六角灯篭型の経蔵を置いて回転するようにしたもので、正面に釈迦像を安置し、他の五辺には黄檗版一切経1630巻が収めてある。これを回転すれば必要な経文が取り出せるし、回しながら礼拝すれば読誦したのと同じ功徳があると言われる。なお、秩父札所を開創した十三権者の像がまつられているのは、この寺である。経蔵の隣にある薬師堂は、薬師瑠璃光如来即ち目の神様として「め」の文字を入れた絵馬がたくさん奉納されている。

御詠歌:御手に持つ 蓮のははき残りなく 浮世の塵を はけの下寺
真言:おん あろりきゃ そわか
宗派:曹洞宗
本尊:聖観音菩薩
住所:〒368-0042 埼玉県秩父市東町26-7
電話:0494-23-6813
時間:8時~17時
交通:「西武秩父駅」より徒歩6分。または、秩父鉄道「お花畑駅」より徒歩3分。

瑠璃殿

瑠璃殿

秩父札所13番寺本堂に向かって右側に瑠璃殿と書かれた額のある御堂があります。これが薬師堂で眼病治癒、身体堅固、家内安全等の御利益があるとて、人々の信仰が厚いです。7月8日の縁日には境内に飴を売る屋台店が並んで賑わいます。

地蔵堂

地蔵堂

秩父札所13番寺山門の左に地蔵堂があります。このお地蔵様は、子育地蔵様で、水難、疫病除けの御利益があると信仰されております。もともとは地蔵川のほ とりにありましたが、今は慈眼寺に安置されております。

福寿稲荷様

福寿稲荷様

秩父札所13番寺山門を入ってすぐ右側に、赤い建物があります。ここには、福寿稲荷様が祀られております。寺の鎮守を司どり、火災盗難の予防の御利益があ ると人々の信仰が厚いです。また、福寿をもたらすと言われているので商売繁昌、家門繁栄、入試合格等いろいろの祈願をする人が多いです。